加工食品が想像以上にヤバイ!死亡率と心血管疾患リスクと関連していた話

更新日:

超加工食品

 

イヴ
今回は加工食品が健康に甚大な悪影響があるという話です。

 

加工食品と健康上のリスクが関係していた研究

この研究(1,2)は加工食品と健康のリスクの関係を調査したコホート研究です。対象となったのは19,899人の男女です。実験は1999年から開始され、2年毎に追跡調査が行われました。食品グループは以下の4つに分けられています。

 

未加工食品果物、野菜、豆、牛乳、卵、魚介類、肉、穀物、コーヒー、天然ジュース
加工食材塩、砂糖、はちみつ、植物油、バター
加工食品チーズ、生ハム、ベーコン、缶詰フルーツ、パン、ビール、ワイン
超加工食品プリン、加工肉(ソーセージ、サラミ)、マーガリン、朝食用シリアル、ポテトチップス、チョコクッキー、ケーキ、即席麺、インスタントスープ、マヨネーズ、蒸留酒(ウイスキー、ジン)

 

そして、死亡者の確認や他変数(性別や年齢、喫煙、身体活動など)をチェックして、終了しています。結果は以下のような感じ。

 

結果

  • 超加工食品の摂取が最も高い人は全死因死亡率が62%も高かった
  • 一度食べるたびに全死因死亡率が相対的に18%増加した
  • 1日5食以上の超加工食品を食べるとすべての人で有意に高い死亡率になる
  • 心血管疾患のリスクが有意に12%増加
  • 冠状動脈疾患のリスクが有意に13%増加
  • 脳血管疾患リスクが有意に11%増加
  • 超加工食品の摂取が多い群は平均BMIが高かった

 

これらの結果から、超加工食品が全死因死亡率の増加と関連しているとわかりました。超加工食品はおいしい食べ物も多いですが、ここまで健康に悪影響が出るとはビックリ。

特に超加工食品の消費に貢献していたのが以下の食べ物です。

 

食品グループ貢献率
加工肉(ハムやソーセージ、ハンバーグなど)15%
人工甘味料入りの飲料15%
乳製品(カスタードやアイスなど)12%
フライドポテト11%
お菓子(マフィンやドーナツ、クロワッサンなど)10%
クッキー8%

 

論文では、インスタント系の食品の著しい増加が全体的な癌や脂質異常症、肥満、高血圧の世界的な増加率に貢献したかもしれないと書かれています。

また著者はこれらの結果から以下のように述べています。

 

低加工食品の遵守に基づく食事の改善は、地中海地域の食事の重要な側面であり、慢性疾患および全ての原因による死亡を防ぐことが示されている。超加工食品の消費抑制や課税、販売制限、または生鮮食品や最低限の加工食品の促進は、世界の公衆衛生を改善するための重要な保健政策の一部と考えるべきである。

 

イヴ
手軽に食べられる美味しいやつがことごとくダメそうだね・・・。
ニコ
今後は意識して控えた方が良いかもな!最低でも1日5食以上は入らないようにするのが良さそうだ!

 

それではぜひ参考に。

 

Copyright© ネクストサピエンス│パフォーマンスを上げるマガジン , 2019 All Rights Reserved.