科学的に選ぶ最強の勉強場所は?勉強場所選びのテクニック

投稿日:

勉強場所探し

 

イヴ
今回は科学的に選ぶ勉強場所を解説するよ!

 

科学的に勉強場所を選ぶときのテクニック

1.テストする場所と同じ場所が最強

最強の勉強場所は、テストする場所と同じところです。

学生であれば、教室で勉強するのが最も良いということになります。

 

これは18人のダイバーを対象とした少し変わった研究(1)でわかりました。

この研究では以下の4グループに分けて、36個の単語を記憶してもらいました。

 

グループ分け

  1. 陸で勉強、陸でテスト
  2. 陸で勉強、水中でテスト
  3. 水中で勉強、陸でテスト
  4. 水中で勉強、水中でテスト

 

で、結果は以下のようなスコアです。

 

陸でテスト水中でテスト
陸で勉強13-58-6
水中で勉強8-411-4

 

ダイバーの方ならどこで勉強しようが、特に影響はありませんでした。

しかし、勉強の場所とテストの場所は有意に関連しています。

 

陸で勉強したグループは陸でテストをすると良い成績で、水中なら水中でテストが良い成績でした。

つまり、勉強していた環境が復元されると、より多くを思い出せるというわけです。

このことから最強の勉強場所は、テストと同じ場所となります。

 

2.勉強場所はできるだけ変えた方が良い

テストする場所が最強とはいえ、そもそも難しいことがほとんどでしょう。

その場合は勉強場所をできるだけ変えるのがベターです。

 

ミシガン大学で行われた研究(2)では、場所を変えた方が成績が良くなりました。

この研究では16人の学生を対象として40個の単語を2回に分けて記憶してもらいました。

 

実験の流れ

 

 

部屋は2つ用意されていて、1つは古い建物の中にある窓のない小さな部屋で、もう一方では窓から中庭が一望できる部屋でした。

 

グループ1窓のない小さな部屋→窓のない小さな部屋
中庭が一望できる部屋→中庭が一望できる部屋
グループ2窓のない小さな部屋→中庭が一望できる部屋
中庭が一望できる部屋→窓のない小さな部屋

 

グループ1は2つの部屋にそれぞれ分けて2回とも同じ部屋で、グループ2は違う部屋で勉強させました。

ちなみにテストをする部屋は中立的で、大きな窓がある雑然とした部屋でした。

 

結果は同じ部屋で勉強したグループ1は平均15.9単語記憶していて、部屋を変えたグループ2は平均24.4単語でした。

単語や勉強時間は同じで部屋を変えただけなので、大きな差です。

このことから、勉強する環境が変化することで、思い出す力に大きな改善が見られることがわかります。

 

部屋を変えると思い出す手がかりが増える?

勉強する環境を変えると成績が上がりましたが、メカニズムは正確にわかっていません。

1つの可能性としては、部屋が変わることで思い出す手がかりが2倍になると考えられています。

 

というのも、単語を記憶しているときに部屋の壁や蛍光灯、中庭の木、空調の音などと結びついている可能性があります。

そこで部屋を変えると、そのチャンスが2倍になるため、より思い出しやすくなるかもしれないということです。

 

これを裏付けるかもしれない研究として、出入り口を出入りすると忘れる研究(3,4,5)があります。

何かをしようと思って、別の部屋に来たら何をするか忘れてしまったという経験はないでしょうか?

 

これは場所を移動するとしない場合に比べて、多くの情報を忘れると研究でわかっています。

実験では部屋を横切って同じ距離歩くのと部屋の外へ歩いたのを比較しました。

 

すると、部屋の外へ歩いたグループの方が忘却していたわけです。

これはイベント境界(部屋や建物の境界)が別の部屋での考えを思い出す力を妨げているとわかります。

 

そこで別の部屋ごとに勉強をすれば、より記憶が強化される可能性があるわけです。

受験の場合は自分の勉強している環境とは違うことがほとんどですし、思い出すきっかけを多く作れます。

 

3.勉強場所のBGMについて

勉強場所を選ぶときはBGMの問題があります。

例えば、カフェなんかはBGMが常にかかっていることが多いです。

 

しかし、記憶するときにBGMは悪影響だとメタ分析(6)でわかっています。

BGMは勉強から注意を引いてしまう可能性があるので、パフォーマンスが低下するわけです。

 

具体的な実験ではサウスウェールズ大学の30人の学生を対象とした研究(7)があります。

グループは「好きな音楽(歌詞付き)」「嫌いな音楽(歌詞付き)」「静かな音楽(歌詞なし)」「音楽なし」に分けました。

 

そして、それぞれBGMを聞きながら、読解力の課題をやってもらいます。

結果は「音楽なし」が最もよく、「好きな音楽、嫌いな音楽グループ」はパフォーマンスが低かったです。

 

BGMの音楽

BGMは好き嫌いに関わらず、歌詞付きだと読解力が大きく落ちることがわかります。

一方で歌詞なしの音楽も音楽なしと変わらない成績です。

このことから歌詞を聞くことと読解することが干渉して、成績を落としていると考えられます。

 

ホワイトノイズは勉強で使えるかも

ホワイトノイズは集中力が低さを改善する可能性があるとわかっています。

ホワイトノイズと語学学習の研究(8)では、ワーキングメモリに影響して単語学習を改善できると発表されていました。

 

この研究は80人の学生を対象として、「ホワイトノイズ」「音なし」のグループでそれぞれ2つに分けました。

それから単語学習をやってもらい、比較しています。

 

ホワイトノイズと音楽なし

 

結果はホワイトノイズグループの方が優れた単語学習をしていました。

特にこの研究は新しい知識の習得を促進する可能性があると示しています。

もし周りがうるさくて集中できない場合は、ホワイトノイズを使うのもありです。

 

最適な室温は?

最適な勉強場所を探す上であまり考えられていないのが室温です。

実はある研究(9)では、32℃の日に卒業試験を受けると、22℃の日と比べて4.5%も成績が低下するとわかっています。

 

特に32℃の日は試験に合格する確率が10.9%低く、ニューヨークの平均的な学生の場合は卒業する可能性が2.5%低くなることがわかりました。

またハーバードの熱と学習のワーキングペーパー(10)では、0.5℃上昇するごとに数学の成績の減少と関連が見られたり、エアコンがない場合0.5℃上昇するごとに年間の学習量が1%減少したりすると発表されています。

 

学習においての最適な室温は、色々な研究が行われています。

ただ研究ごとにばらつきがあって、ベストな室温がわかりづらいのが正直なところ。

 

イヴ
ここでは室温に関する研究を挙げていくよ!

 

日本で行われた研究(11)では、29℃よりも22℃の方が成績が良かったです。

 

室温と記憶

 

また熱ストレスとパフォーマンスの影響を調査した研究(12)では、記憶に関しては26℃前後が最適でした。

仕事の作業効率の研究(13)では20℃から25℃に変えると、タイプミスが44%減少し、タイプ出力が150%も上昇しました。

室温と生産性のメタ分析(14)では、21~22℃でパフォーマンスが最大になり、23~24℃以上になると低下し始めると発表しています。

 

室温と生産性

 

ちなみに30℃になると、パフォーマンスは8.9%も低下してしまいます。

ここまで見た論文からすると、21~26℃が目安になります。

1年中この室温を保つにはエアコンが必須なので、きちんと室温管理がされている場所を選びましょう。

 

科学的に選ぶ勉強場所のまとめ

科学的に選ぶ勉強場所のポイントは以下の通りです。

 

勉強場所のポイント

  • 最強はテストする場所と同じ場所
  • 勉強する場所はできるだけ変える
  • BGMのない場所が理想:あってもホワイトノイズを聞けばOK
  • 室温は21~26℃の場所が良い:エアコン必須

 

では、勉強場所の例をご紹介します。

 

勉強場所の例

1.教室

テストが教室で行われるなら、とてもオススメな場所です。

教室で覚えたことはテストのときも思い出す手がかりが周りにある状態になります。

 

ただし周りがうるさかったり、スマホが使えなかったりする場合もあるので注意したいですね。

とはいえ、わからない問題があっても先生に聞けますし、エアコンもあるのはナイスです。

 

2.自宅

勉強に特化した環境を作れるなら、自宅もオススメです。

問題は自宅で集中を妨げるものをどれだけ取り除けるかです。

 

理想は自宅でも視界に入るものが教科書・ノート・ペン類のみの状態。

スマホは机にあるだけで集中力が低下しますし、漫画やゲームが視界に入るのもアウトです。

 

スマホ断ち
スマホ断ちで集中力があがる?スマホの悪影響とスマホ断ちの方法まとめ

続きを見る

 

自宅でどうしても集中できない場合は別の場所で勉強することを検討しましょう。

 

3.図書館

王道で集中しやすい場所は図書館です。

ペンの音などは試験と似た部分もあります。

 

ただ自宅や学校からの距離や閉館時間の問題などがデメリットです。

とはいえ、場所を変えるときに使っておきたいところでもあります。

 

4.カフェ

勉強場所としてカフェも王道です。

デメリットは有料なのと場所によっては追い出される場合があります。

 

とはいえ、コーヒーでカフェインが摂取できるのは嬉しい点です。

場所を変えるときの選択肢や短時間で集中したいときにオススメします。

 

Copyright© ネクストサピエンス〜科学で生活をより良くするサイト〜 , 2019 All Rights Reserved.