【悲報】ストレスが記憶力を低下させ脳を小さくするかもしれない

ストレス

 

コホート研究では、高いコルチゾール値を持つ人は低い総脳体積と関連していました。

 

ストレスと認知機能、脳体積の関連を調査した研究

この研究(1)は1948年から3世代に渡って調査されたコホート研究です。第3世代は4095人の参加者を対象に行われ、そのうちの2018人が認知機能の調査とMRI検査を行いました。

 

調査の項目

  1. 血液採取:コルチゾールを採取
  2. 認知テスト(記憶力、推論、注意、実行機能)
  3. MRI
  4. 健康系の質問表
  5. 身体検査

 

それぞれガッツリと調査をして完了しました。

 

メモ

コルチゾールとは、副腎皮質というところから分泌されるホルモンの1つです。ストレスを受けたときに増加する特徴があります。

 

結果は以下のような感じ。

 

結果

  • 高いコルチゾール値は低い総脳体積と関連していた
  • 特に女性は最も高いコルチゾール値と低い総脳体積と関連していた
  • 最も高いコルチゾール値は低い灰白質体積と関連していた
  • 高いコルチゾールは悪い記憶力や実行機能、注意力と関連していた

 

これらの結果から、高い血清コルチゾールの人は記憶力や実行機能、注意が悪く、脳体積も少ない可能性があります。高いコルチゾールでここまで認知機能と関連しているとはびっくりです。過去の研究では、海馬の萎縮との関連も確認されています。ちなみに今回は女性において、低い脳体積と関連が見られました。

目を背けたくなる結果ですが、ストレス対策は真面目に考える必要がありますね。この研究は大規模サンプルに加えて、MRIと血液採取をしているレアな研究ですが、それだけにツライです。

それではぜひ参考に。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Copyright© ネクストサピエンス│ビジネスマンの科学メディア , 2019 All Rights Reserved.