2%の水分不足が認知機能を"損なわない"というメタ分析が出ていた

更新日:

水分補給

 

イヴ
今回は水分不足が認知機能への悪影響が見られなかった研究を紹介します。

 

水分補給と認知機能の系統的レビューとメタ分析

この研究(1)は2018年12月までに発表された水分補給と認知機能の研究を対象に行われた系統的レビューとメタ分析です。精査した結果、10件の論文が選択基準を満たしていました。実験自体は14件あります。

で、メタ分析すると以下のことがわかりました。

 

結果

  • 水分補給と認知機能の効果量はごくわずかだった
  • 体重2%の水分不足と複雑な注意も全体的な効果は小さい
  • 実行機能や学習、記憶に関しては有意でもなかった

 

意外なことに、水分不足が認知機能を大きく損なわないとわかりました。特に認知機能の土台といえる注意力や実行機能、学習、記憶はほとんど損なわれませんでした。

体重の2%というと運動後の水分不足くらいなんですけどね。今まで見た研究は認知機能が低下するものばかりだったので、これは本当に意外です。著者はこの結果について以下のように述べています。

 

まとめると、これらの所見は体重の2%を超える水分不足が運動および水分補給の立場で提案されている認知機能や精神力を低下させるという声明を裏付けるものではありません。むしろ、中程度または「過剰な」脱水症状を回避することの論理的根拠は、認知能力を維持することには根拠がない可能性があります。

 

イヴ
水分不足って認知機能が悪くなると思ってたからびっくりだね!!
ニコ
同感だ!とはいえ、著者は減量を行うスポーツはこの数値を超えるかもしれないから注意が必要だと言っているぞ!

 

もちろん、この研究が出たからといって水分不足が推奨されるわけではありません。とはいえ、少なくとも認知機能の低下という理由で水分補給するというのはやや否定的になりました。

それではぜひ参考に。

 

Copyright© ネクストサピエンス│パフォーマンスを上げるマガジン , 2019 All Rights Reserved.