運動嫌い・受験生必見!10分の超軽い運動でも記憶力が改善すると判明!

更新日:

散歩

 

イヴ
今回は10分の非常に軽い運動が記憶力を改善した研究を紹介します。

 

10分の非常に軽い運動が記憶力を改善した研究

この研究(1)は筑波大学が36人の若い成人を対象として行いました。36人の参加者はランダムの順序で、別々の日に以下の2つを受けてもらいます。

 

  1. エクササイズ実験
  2. コントロール実験(対照)

 

エクササイズ実験では被験者の30%になる負荷で、サイクリングを10分間してもらいました。

 

マイクロブレイク
仕事のパフォーマンスに大きな影響を与える”マイクロブレイク”の話

続きを見る

 

ニコ
上記の実験では55%-75%の負荷で30分運動しているから、非常に軽く短い運動と言えるだろう!

 

コントロール実験では自転車の上に10分座ったものの、ペダルは踏みませんでした。そして、認知テスト用の勉強とテストを行って完了です。結果は以下のような感じ。

 

海馬

 

結果

  • 非常に軽い運動は海馬で高いレベルの活性化が確認された
  • 非常に軽い運動で有意に高い覚醒レベルになった
  • 非常に軽い運動で識別性能を改善した
  • 非常に軽い運動は記憶皮質において機能的結合性を増加させた
  • 唾液コルチゾールは変化なし

 

これらの結果から、非常に軽い運動はすぐ海馬記憶機能を改善するとわかります。特にコルチゾールに変化が見られなかったので、ストレスのない運動と言えます。

このレベルの運動で、ここまで変化が確認されたのは素晴らしいですね。著者はこの結果について以下のようにまとめています。

 

本研究はゆっくりとしたペースのウォーキングやヨガ、太極拳などの非常に軽い運動を1回行うと、海馬全体の機能的活動レベルを高めることを示しています。

 

論文では高齢者に良いと書かれていますが、個人的には学生こそ実践する価値があると考えています。

 

イヴ
確かに運動してない受験生なんかはすごく良いかもね・・・!
ニコ
そうだな!時間も10分で、汗もほとんどかかない軽い運動で良いからな!

 

それではぜひ参考に。

 

Copyright© ネクストサピエンス│パフォーマンスを上げるマガジン , 2019 All Rights Reserved.