音楽で集中力を高めるなら「聴かない」がベスト?効果的なBGMの利用法

投稿日:

音楽で集中する方法

 

今回は音楽を利用して、集中力を高める方法についてまとめました。

イヴ
科学的に考えているから、ぜひ参考にしてみてね!

 

集中力を高めるなら、BGMは「なし」が良い

BGM関連のメタ分析を調べてみると、2011年にBGMが成人に与える影響についてメタ分析(1※PDF)が行われていました。

この論文によると、BGMは主要なタスクから注意をそらすため、パフォーマンスが低下してしまうと結論づけています。

 

ただしBGMがダメというわけではなくて、大部分が自動化されたタスクやスポーツには良い効果を与えるとのことでした。

自動化されたタスクというのは単調な作業のことで、考えずにできるものはBGMが活躍するでしょう。

 

ワーキングメモリから見た研究でもBGMの学習は推奨していない

ワーキングメモリからBGMと学習を研究した論文(2)でも、BGMを使った学習は推奨しないという結論を出しています。

というのも、ワーキングメモリが小さい人はBGMの影響を大きく受けたからです。

単純に考えても、理解とBGMを同時に処理できなかったわけです。

 

ワーキングメモリの容量が増えても、学習の妨げも促進もしませんでした。

ただこの研究ではBGMに意味はないではなくて、やる気を高めるならありという結論を出しています。

 

クラシックや自然音なら集中できる?

モーツァルト効果は科学的根拠なしという論文がある

クラシックで頭が良くなると言えば、モーツァルト効果です。

だいたい1990年代に話題になった説で、モーツァルトを聞くと空間認知能力が高くなるという研究(3)が発表されました。

 

イヴ
あー!それ私も聞いたことがある!
ニコ
そうだな!あれはきちんとした論文で発表されていたんだ!

 

しかしウィーン大学がその後に行ったメタ分析(4)では、モーツァルト効果に特定のパフォーマンスを向上させる効果はないと示しています。

クラシックを聞くだけで、頭が良くなるというのは科学的に認められていません。

 

休憩中に自然音を使うなら良いかも

自然音についても調べてみると、ストレス対策に有効という研究(5)が出てきました。

これは2010年に行われた研究で、40人の大学生を対象に、暗算によるストレステストを行いました。

 

実験方法

 

それからはストレステストと休憩を繰り返し行って、休憩期間には「自然音」「高ノイズ」「低ノイズ」「騒音」の4つを比較したわけです。

結果として、自然音は騒音よりもストレスからの回復が早いとわかりました。

 

2017年の研究(6)でも自然音が一時的な休息を提供し、注意力の回復を促進するかもしれないといっています。

注意力というのは集中力の親みたいなもので、1つに注意を向けたり、複数に注意を向けたりする力の総称です。

つまり、自然音は集中力の回復を促進すると言い換えてもいいでしょう。

 

自然音を利用するなら?

自然音を集中力向上に利用するなら、集中→回復を繰り返すときに使うのが実践的でしょう。

例えば、ポモドーロテクニックで「30分(仕事)→6分(休憩)」のときに、6分間は自然音を聞くのが良さそうです。

 

ニコ
科学的に証明されているわけではないが、「瞑想」と「自然音」を組み合わせて休憩するのもいいかもしれないな!
イヴ
仕事が終わってリラックスしたいときも良さそうだねっ!

 

私は実際に瞑想と自然音を組み合わせて休憩していますが、疲れにくさは実感しています。

集中力の維持にはかなり良いです。

 

個人的なBGMの結論

1.筋トレや運動のときはBGMを流す

BGMのメタ分析(1)でスポーツのときはBGMがいい効果を与えるとわかったので、筋トレや運動をするときはBGMを流します。

今回は集中力がテーマだったので深く掘り下げませんでしたが、スポーツと音楽もパフォーマンスの向上に役立つ(7)とわかっています。

 

ざっくりというと、音楽に注意が向くことで知覚できる努力の割合が減ったり、高強度のトレーニングによる感情状態を改善したりするようです。

また運動後に音楽を聞くのも効果があるという研究(8※PDF)もあります。

 

この研究によると、ゆったりとした音楽はテンポの速い音楽や音楽なしに比べてリラックス効果が大きいとわかりました。

ゆったりとした音楽が何かはわかりませんでしたが、個人的には自然音でいいかなと思っています。

 

2.休憩するときは自然音を流す

休憩のときは、自然音が良い(5,6)です。

これは仕事の合間にある休憩もそうですし、仕事が終わってからも利用します。

 

実際にやってみるとわかりますが、休憩に自然音はかなり良かったです。

疲れにくくなりますし、私はリラックスするのが苦手なタイプなので有効でした。

集中を持続するなら試してみる価値ありです。

 

3.勉強・仕事のときは聴かない

勉強や仕事のときは、「BGMなし」にしました。

メタ分析ではパフォーマンスの低下が示唆されていましたし、今までの論文でBGMが集中力を向上させるという結果はどこにも出ていませんでした。

 

一方で、自動化されたタスクには良い効果があるという結果も出ています。

大雑把に分けるなら頭を使わずにできる作業にはBGMありで、記憶や理解したいときはBGMなしが理想的でしょう。

 

とはいえ、どの作業が頭を使っているのか厳密に判断できないので、私は「聴かない」ことにしました。

正直、仕事は頭を使うものと使わないものが絡み合っているので、無駄にメモリを消費するくらいなら「聴かない」が無難かなと思っています。

勉強の場合もワーキングメモリが小さい人はパフォーマンスが低下して、大きい人は妨げも促進もしないので「BGMは聴かない」が無難です。

 

Copyright© ネクストサピエンス│パフォーマンスを上げるマガジン , 2019 All Rights Reserved.