おやつはダークチョコとお茶で決まり!集中力アップできるお菓子がこれ

投稿日:

ダークチョコ

 

イヴ
今回はダークチョコとお茶で集中力アップした研究を紹介します。

 

ダークチョコと緑茶で集中力が高まるという研究

この研究(1)は122人の20代前後の男女を対象として行われました。参加者は以下の6グループに分けられています。

 

  1. カカオ60%+砂糖(ダークチョコ)
  2. カカオ少なめ+砂糖(ホワイトチョコ)
  3. カカオ60%+Lテアニン
  4. 砂糖水
  5. 砂糖少なめの水

 

そして、血圧や脳波、認知テストなどを行うと、面白い結果が出ました。

 

結果

  • 高カカオ群は前頭葉や頭頂葉の脳波(シータ)を有意に減少させた
  • 高カカオ群は後頭部の脳波(ベータ)を有意に増加させた
  • 高カカオ群は血圧を有意に上昇させた
  • 高カカオ群+Lテアニンは血圧が有意に減少した

 

この結果から、ダークチョコは集中力を潜在的に高めるとわかります。

 

イヴ
ん~?どういうこと?
ニコ
少しわかりづらいから、ひとつずつ見ていこう!

 

まず脳波ですが、ベータの減少とシータの増加が注意障害の人によく見られます。ダークチョコはこの逆の効果を持つので、注意力アップといえるわけです。特にこの研究では砂糖がベータを増加させて、カカオがシータを減少させるところまでわかっています。

ダークチョコを選ぶ時は、カカオ100%よりも60-70%程度で砂糖も含まれている方が良さそうですね。

 

カカオと血圧
しかしダークチョコには「中枢神経・末梢神経に急性の刺激作用」と「血圧の上昇」というデメリットが確認されました。少し大げさにいえば、心血管系を刺激しているとの同じです。

 

この血圧上昇を大きく防いだのがLテアニンです。

 

ニコ
Lテアニンとは、お茶に含まれるアミノ酸の一種だ!

 

Lテアニンはダークチョコの交感神経刺激作用や血圧上昇を防ぐ作用が確認されました。つまり、ダークチョコのデメリットを補いつつ、集中力を高められる可能性があるわけです。勉強や仕事でお菓子を食べたくなったら、ダークチョコと緑茶を一緒に摂るのが良さそうですね。

 

イヴ
なるほどね~!チョコと緑茶で食べてみようかな?
ニコ
そうだな!ただ注意してほしいのはよくあるチョコではなく、カカオ60%以上のチョコという点だ!

 

それではぜひ参考に。

 

Copyright© ネクストサピエンス│パフォーマンスを上げるマガジン , 2019 All Rights Reserved.