nバック課題をやってもワーキングメモリはほぼ向上しないメタ分析

nバック

 

イヴ
Nバック課題の効果について解説していきます。

 

Nバック課題をメタ分析した研究

ワーキングメモリトレーニングの初期研究は脳のパフォーマンスを高めるのに有望でした。しかし、最近発表されているメタ分析は「思ったよりも効果ないよね」という研究も多いです。

そんな中、nバック課題に特化したメタ分析が発表(1)されました。論文を精査した結果、33件の論文が残りました。これらの論文は合計41件の実験と2105人の参加者で構成されています。

この感じなら、中々信頼できるのではないでしょうか。結果は以下のような感じです。

 

結果

  • nバック課題の作業自体には中程度の効果があった:近い転移
  • ワーキングメモリや認知機能、流動性知能には非常に小さな効果しかなかった
  • トレーニング効果はnバックが最大
  • シングルnバックでもデュアルnバックでも有意差はなかった
  • nバック課題に年齢は関係なし

 

これらのことから、nバック課題はワーキングメモリや認知機能に本当に小さな効果しかないことがわかりました。とはいえ、ワーキングメモリトレーニングをしていない人がnバック課題をやると、小さい効果があります。効果サイズが0.2なので、やる意味があるかは微妙ですが。

これらの結果について著者は以下のように述べています。

 

我々はn-backトレーニングがトレーニング課題の訓練されていない変種にのみ実質的な移行をもたらすと結論付けることができた。他のタスクへの伝達効果(ワーキングメモリ、流動性知能、または認知制御を測定するかどうかにかかわらず)は小さく、明らかに実用的な意味はほとんどない。

 

ということで、nバック課題はワーキングメモリを鍛えたいという意図でやっても、ほとんど意味がないようです。逆にnバック課題と似たタスクのパフォーマンスを高めたいなら、やる価値があるかもしれません。

ちなみにワーキングメモリトレーニング全体のメタ分析でも否定的な結果が出ています。

 

ワーキングメモリトレーニング
ワーキングメモリのトレーニングはほとんど効果がないと判明した

 

それではぜひ参考に。

 

Copyright© ネクストサピエンス│ビジネスマンの科学メディア , 2019 All Rights Reserved.