残念ながらiPadのNightShiftモードは睡眠への影響を完全に防げないようだ

更新日:

iMac

 

イヴ
今回はiPadのナイトシフトモードについて解説していきます。

 

iPadのナイトシフトモードはメラトニン抑制を防げなかった

iPadのナイトシフトモードとは、ブルーライトをカットする機能のことです。

 

Appleナイトシフトモード

引用元:iPhone、iPad、iPod touch で Night Shift を使う-Apple

 

画面が暖色系に変わりますが、実験ではメラトニンの抑制を防げませんでした。この研究(1)はレンセラー工科大学にて行われた研究で、12人の男女を対象としました。

参加者は夜の10時30分に実験室に来てもらい、明るさをマックスにしたiPadを配布しています。最初の30分は薄暗い明かりで全員過ごしてもらい、2時間は以下の4つに分けました。

 

  1. レンズ無しのメガネ
  2. ナイトシフトLow(低い):54.3lux
  3. ナイトシフトHigh(高い):97.8lux
  4. ブルーライトカットメガネ(対照)

 

2時間の間はiPadを使う範囲で自由に操作してもらいました。そして、1時間後と2時間後で唾液サンプルをとって終了です。ちなみに実験ではこの流れを4泊して、一週間あけて二度行っています。結果は以下のような感じ。

 

メラトニンの抑制率

 

結果

  • 夜にiPadの光を長く浴びるほど、メラトニンが抑制される
  • レンズ無しが最もメラトニン抑制率が高かった
  • ナイトシフトモードでメラトニンの抑制が確認された

 

上記のように、iPadのナイトシフトモードでもメラトニンの抑制が確認されました。3つの介入はどれも有意にメラトニンを抑制しています。とはいえ、ナイトシフトモードは8%のメラトニン抑制率まで落とせています。

 

イヴ
何も対策しないよりは良さそうだね!
ニコ
30%前後と8%では大きな差があるからな!

 

著者はこの結果に対して、以下のように述べています。

 

おそらく1日2時間から1時間へ時間を制限し、光のレベルを下げることで体内リズムの混乱を防ぐのにより効果的です。

 

簡単な話、時間と光の強さを改善すれば、メラトニンへの影響はかなり抑えられそうですね。きちんと抑えたいという方はブルーライトカットメガネがとてもオススメです。

 

ブルーライトカットメガネ
ブルーライトカットメガネの効果の証拠ってどのくらいあるの?

続きを見る

ブルーライトカットメガネ
ブルーライトを99.9%カットするメガネ「Spectra479」がオススメ

続きを見る

 

本記事のノウハウ

本記事のノウハウ

  • ナイトシフトモードはメラトニン抑制を完全に防げないが、減らすことはできる
  • 夜は可能な限り電子機器に触らない
  • ブルーライトカットメガネがあればより良い

 

 

Copyright© ネクストサピエンス│パフォーマンスを上げるマガジン , 2019 All Rights Reserved.