睡眠の質を高めたい人にオススメの本10選!実践本から知識欲がそそられる本まで

更新日:

睡眠の本

 

私は概日リズム睡眠障害を改善しましたが、それはここまで良い睡眠本に恵まれたからです。

このページでは今まで読んだ中で、特にオススメしたい睡眠本を紹介してきます。

 

快眠を目指すための実践本

1.スタンフォード式 最高の睡眠

スタンフォード式最高の睡眠

価格1,620円
オススメ度

 

スタンフォード式最高の睡眠は、現状で最も実践的かつ科学的な本です。

著者の方がスタンフォード大学の睡眠生体リズム研究所の所長ということで、睡眠に関する様々な研究結果が書かれています。

研究結果といっても論文のような内容ではなくて、実践的に使える情報が満載です。

グラフや文字装飾などもされていてわかりやすいですし、参考文献もきちんと載っています。

実践的・科学的・わかりやすいの三拍子が揃った睡眠本です。

 

主な内容

主に不眠が及ぼす悪影響からスタンフォード式の睡眠法までを解説しています。

睡眠の基礎知識にもやや触れていますが、実践的な内容が豊富です。

 

オススメな人

睡眠の悩みを抱えている人向きです。

この本は快眠方法をかなり網羅しているので、睡眠本を購入したことがない人にもオススメします。

 

Amazonを見てみる

 

2.一流の睡眠―――「MBA×コンサルタント」の医師が教える快眠戦略

一流の睡眠

価格1,512円
オススメ度

 

ビジネスパーソン向きの超実践的な本です。

著者が「MBA×コンサルタント×医師」という異色の経歴で、実践的にどのような睡眠を行うべきかが書かれています。

参考文献はやや少なめですが、著者が実際に行っている内容も多く含まれていて、かなり勉強になりました。

睡眠の知識を学べる本ではありませんが、睡眠の質を高めたいという人にはオススメです。

 

主な内容

ハードワーカーの睡眠方法や快眠のための戦略が書かれています。

基本的にビジネスパーソン向きで、忙しい中でどのように眠るかやプレゼン時の睡眠、海外出張時の時差ボケ対策などが学べます。

 

オススメな人

ビジネスパーソンや睡眠の質を高めたい人にオススメです。超実践的な内容なので、参考になる部分が多々あります。

 

Amazonを見てみる

 

3.寝ても寝ても疲れがとれない人のための スッキリした朝に変わる睡眠の本

スッキリした朝に変わる睡眠の本

価格1,512円
オススメ度

 

寝ても疲れる人向けに書かれた快眠方法を書いた本です。

著者が「東京疲労・睡眠クリニック」の院長ということで、疲れを残さないような睡眠のやり方が載っています。

本のイメージとしては、メンタリストのDaigoさんの本みたいな感じです。

表や文字装飾がされていて、わかりやすく書かれています。

初めて睡眠の本を購入する人はわかりやすいですし、実践的な内容なのでオススメです。

ただ章によっては、微妙な内容のところもありました。

 

主な内容

睡眠のための習慣やベストな環境、睡眠日誌の付け方などを紹介しています。

起床の疲労感などを測定する睡眠日誌は参考になるので、読んでおいて損はありません。

 

オススメな人

今まで睡眠本を購入したことがない人や科学とか難しそうなのが苦手な人にオススメです。

 

Amazonを見てみる

 

4.SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術

SLEEP

価格1,612円
オススメ度

 

SLEEPは、内容としては4冊の中で一番睡眠について網羅している本です。

内容的には、4冊の中で一番良いと感じられる本でした。(本当は1位として紹介したいほど)

しかし、参考文献が1つも掲載されていないという致命的なミスをしています。

嘘を書いているとは思いませんが、情報の信用性に欠けるので最後に紹介しました。

内容は本当に良くて、スタンフォード式では書かれていない腸内環境や瞑想、飲酒法についても触れられています。

全21章で読み応えもありますし、本当にもったいないと感じた本です。

 

主な内容

快眠方法について、かなり幅広く書かれています。

ムダな内容もありませんし、快眠方法を知りたい人に向いた内容です。

 

オススメな人

睡眠の本を何冊か読んで、さらに快眠方法について知りたい人

※情報の信頼性に欠ける部分があるので、最初の1冊としてはオススメしません

 

Amazonを見てみる

 

睡眠の知識を身に付けたい人向け

5.睡眠のはなし 快眠のためのヒント

睡眠のはなし

価格821円
オススメ度

 

睡眠のメカニズムや睡眠障害などを幅広く書いた本です。

著者は日本睡眠学会理事長の内山真さんが書いています。

この本は睡眠の知識を身につけたいという人に、最もオススメしている本です。

睡眠とはなにかから始まって、夢を見る仕組みなども書いています。

特に良いのが睡眠障害や睡眠薬、うつ病にも広く触れている点です。

睡眠障害のガイドラインも執筆された方でもあるので、幅広く書きながらもよくまとまっています。

睡眠の本としては、コスパ最高な本です。

 

主な内容

睡眠のメカニズムから睡眠障害、うつ病なども広く扱っています。

実践的な内容ではありませんが、睡眠学の入門書のようなイメージです。

 

オススメな人

睡眠の知識を身につけたい人や睡眠学を勉強したい人にオススメします。

 

Amazonを見てみる

 

6.睡眠の科学・改訂版 なぜ眠るのかなぜ目覚めるのか

睡眠の科学

価格1,080円
オススメ度

 

睡眠の科学は、睡眠や覚醒のメカニズムを中心に扱った本です。

テーマは狭いものの、わかりやすい内容で実践的な部分も見られます。

イラストや表もあって読みやすく、参考文献も多めでした。

実践的な内容は少ないので、そういった情報を期待している人にはオススメしません。

睡眠のメカニズムについてかなり詳しく書かれているので、睡眠の知識を付けたい人にオススメの本です。

 

主な内容

睡眠のメカニズムについて脳や脳波のイラストとともにわかりやく解説しています。

 

オススメな人

睡眠の知識を身につけたい人や睡眠のメカニズムについて詳しく知りたい人にオススメします。

 

Amazonを見てみる

 

7.ブルーライト 体内時計への脅威

ブルーライト体内時計への脅威

価格778円
オススメ度

 

ブルーライトをテーマにしたとても面白い本です。

著者はブルーライト研究会を発足させた坪田一男さんで、ブルーライトの基礎から実践的な内容まで書かれています。

 

ブルーライトは体内時計への影響が知られていますが、より深い内容です。

一般的にブルーライトは悪いという情報が多く出回っていますが、良い面と悪い面をどちらも解説しています。

睡眠がメインではありませんが、一読の価値がある本です。

 

主な内容

ブルーライトの基本情報から坪田さんが実践しているブルーライトとの付き合い方を紹介しています。

 

オススメな人

体内リズムに悩まされている人や睡眠の本を一通り読んだ人にオススメです。

 

Amazonを見てみる

 

知識欲がそそられるオススメの睡眠関連本

8.眠りの科学への旅

眠りの睡眠への科学

価格3,024円
オススメ度

 

眠りの科学への旅は、睡眠に関する色々な研究をまとめた本です。

翻訳本で原著が2006年と古いのがネックですが、睡眠について広く壮大に書かれています。

 

翻訳も悪くありませんし、スムーズに読めました。

内容は徹底して科学的で、参考文献だけで8ページもあります。

 

睡眠に関して、幅広く知りたい人にオススメできる一冊です。

ただ情報が古い点には注意してください。

 

主な内容

睡眠をテーマにとても広く扱っています。眠気やレム睡眠、睡眠物質などです。

 

オススメな人

睡眠について幅広く知りたい人や昔の科学的な研究が知りたい人にオススメします。

 

Amazonを見てみる

 

9.脳は眠らない 夢を生み出す脳のしくみ

脳は眠らない夢を生み出す脳の仕組み

価格2,376円
オススメ度

 

脳は眠らないは、寝ているときの夢について科学的にまとめた本です。

夢の機能から、夢をコントロールできる明晰夢まで書かれています。

 

著者は専門家ではなく、ジャーナリストの方です。

ジャーナリストとはいっても凄まじい量の研究を調査していて、本のクオリティは専門家にも劣りません。

 

専門性の高さに優れている一方で、ストーリー展開も面白くて、個人的に印象深く残っている本です。

ただ先ほどと同様に古い本で、新装版でも2009年となっています。

研究に関しても覆っているものもあると思うので、注意が必要です。

 

主な内容

夢について幅広く網羅しています。夢の基本的な情報から明晰夢まで知りたい人にオススメです。

 

オススメな人

夢について知りたい人や科学の面白い本を探している人にオススメです。

 

Amazonを見てみる

 

10.生物時計はなぜリズムを刻むのか

生物時計はなぜリズムを刻むのか

価格2,376円
オススメ度

 

この本は生物時計のメカニズムについて深く解説した本です。

いわゆる時計生物学という学問の本で、かなりボリューミーで面白い本になっています。

 

やや専門的な内容ですが、体内リズムについてここまで詳細にまとめられた本はありません。

ただデメリットなのが2006年で古い本という点です。

とても面白い本ではありますが、研究も覆っているものもあるでしょう。

 

主な内容

生物時計について幅広く網羅した内容です。生物時計のメカニズムから時計の進化まで色々扱っています。

 

オススメな人

生物時計や体内時計について気になっている人にオススメです。

 

Amazonを見てみる

 

Copyright© ネクストサピエンス〜科学で生活をより良くするサイト〜 , 2018 All Rights Reserved.