Amazonプライム会員15の特典まとめ│登録前に知りたい会費や注意点も

更新日:

Amazon

 

このページでは、プライム会員の料金や特典についてまとめていきます。購入前に知っておくべき注意点も解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

プライム会員の無料体験ページを見てみる

 

Amazonプライム会員の基本情報

Amazonプライム会員とは?

Amazonプライム

 

Amazonプライムとは、Amazonの様々なサービスが受けられる会員制サービスです。

サービスの数が多いのはもちろんのこと、単体でも提供できるようなクオリティのサービスまで使い放題になります。

 

学生向けのPrime Studentとは?

Prime Student

Prime Studentとは、Amazonプライムの学生向けサービスです。

6ヶ月間の無料体験期間があり、プライム会員の半額でサービスを受けられます。

ただ無料体験期間ではAmazon Musicやプライムビデオなどは利用できません。

 

Amazonプライム会員の会費は?

Amazonプライムは月額と年会費の2種類から選びます。

基本的に、年間払いの方がお得です。

 

年間費用月額費用
通常(年払い)3,900円325円
通常(月払い)4,800円400円
学生(年払い)1,900円158円
学生(月払い)2,400円200円

 

無料体験を試して満足できたなら、年間払いをオススメします。

 

支払い方法

Amazonプライム会員の支払い方法は3種類あります。

 

支払い方法

  • クレジットカード
  • 携帯決済
  • Amazonギフト券

 

基本的にクレジットカードを登録しておけば、買い物のときも楽です。

ちなみに携帯決済は「docomo」と「au」だけなので、Softbankユーザーは注意しましょう。

 

Amazonギフト券で支払うときの注意

Amazonギフト券

Amazonギフト券での支払いは、クレジットカードの登録が必要です。また自動更新はされないので、注意しましょう。

 

途中で退会はできる?

できます。

しかし、途中で退会しても年会費が戻ってくることはありません。

解約した場合でも1年間はプライム会員の状態で、自動更新が無くなります。

詳しい退会方法は後ほど解説します。

 

イヴ
もし解約し忘れても、特典を利用していなければ解約できることもあるよ!

 

Amazonの無料体験ページを見てみる

 

Amazonプライム会員15の特典

1.すべての配送が無料に。お急ぎ便も無料

Amazonプライム配送

Amazonの通常会員では、2,000円以下の買い物やお急ぎ便が有料でした。

プライム会員になれば、ほぼすべての送料が無料になります。

 

通常会員プライム会員
2000円以下の配送400円無料
2000円以上の配送0円無料
お急ぎ便500円(本州四国以外540円)無料
当日お急ぎ便600円(本州四国以外640円)無料
日時指定便500円(本州四国以外540円)無料

 

Amazonで買い物をすればお急ぎ便が標準設定になるので、すぐに手に入るわけです。

 

Amazon以外が発送の場合

Amazon発送

Amazon以外が発送の場合はプライム会員でも送料が発生します。この場合はお急ぎ便も適用されないので、注意しましょう。

 

2.プライムビデオで動画が見放題になる

Amazonプライムビデオ

プライム会員の目玉のひとつがプライムビデオでしょう。

プライムビデオとは、プライム会員だけが利用できる動画配信サービスのことです。

 

Amazonプライムビデオ

 

2018年11月現在は有料作品込みで70,000作品以上あります。

ここ数年はオリジナル作品にも力を入れていて、「ドキュメンタル」や「バチェラー」はプライム会員限定の作品です。

ダウンロード視聴も可能ですし、Amazonプライムビデオだけでも動画配信サービスは充分に楽しめます。

 

3.プライムミュージックで音楽も聴き放題に

プライムミュージック

 

プライムミュージックとは、100万曲以上の音楽が聴き放題になるサービスです。

100万曲以上聴き放題なので、幅広いジャンルに対応しています。

このサービスの良い点は、スマートスピーカーのアレクサと連携できる点です。

 

イヴ
アレクサ、リラックスできる曲流して
アレクサ
♪~~♬~~

 

このように音楽を手軽で簡単に楽しめるわけです。

外出時でもダウンロードすることで、オフライン再生ができます。

 

もっとたくさん音楽を聞きたいなら、「Amazon Music Unlimited」がオススメ

Music Unlimited

 

プライムミュージックは会員特典としては豪華ですが、音楽配信サービス大手のSpotifyにはかなり劣ります。

そこでもっと音楽を聞きたいという人は「Amazon Music Unlimited」という別サービスがオススメです。

このサービスはプライム会員とは別料金ですが、4000万曲以上が追加料金なしで聴き放題になります。

 

曲数月額料金
PrimeMusic100万曲以上0円
Music Unlimited4000万曲以上780円(※980円)
Spotify4000万曲以上980円
Apple Music4000万曲以上980円

※プライム会員でない人は980円で利用

 

比較するとわかりますが、曲数は大手と変わりません。

しかし、プライム会員であれば、お得に楽しめます。

もちろんSpotifyやApple Musicも良いサービスですが、Amazon Music Unlimitedも検討してみる価値ありです。

 

4.プライムリーディングで数百冊の本が読み放題になる

Amazonリーディング

プライムリーディングは対象の本が読み放題になるサービスです。

本が読み放題とはいっても、対象本はやや少なめです。

正直、読み放題を期待して、プライム会員になるのはオススメしません。

 

トニー
ニコ
うちの管理人はかなり期待していたが、一冊も手を付けず普通に買っているぞ・・・。
イヴ
やっぱり、自分が読みたい本を買うのが良いのかもね!

 

読み放題のサービスを使いたいなら、「Kindle unlimited」がオススメ

Kindle Unlimited

 

Kindle unlimitedも音楽と同様に別の有料サービスになります。

 

Prime readingKindle unlimited
タイトル数数百冊和書:12万冊以上
洋書:120万冊以上
利用料金0円980円

 

私も試しに利用していますが、比較的自分が読みたい本はありました。

読んだ冊数を考えると、充分すぎるほど元は取れています。

 

5.AmazonパントリーでAmazonを日用品倉庫に

Primeパントリー

 

Amazonパントリーとは、食品や日用品を必要な分だけまとめ買いできるサービスです。

欲しい商品をダンボール1箱にまとめて送ってくれます。

 

通常の会員でも日用品は購入できますが、Amazonパントリーの対象商品が割引されていたり賞味期限ギリギリの処分価格に設定されていたりします。

Amazonパントリーが少し特殊なのはパントリーBox使用率というのが表示される点です。

 

アマゾンパントリー

 

Amazonパントリーの対象商品にもBOX使用率というのが表示されて、100%を超えると2箱目です。

ちなみに注文するときに100%まで入れる必要はないので安心してください。

 

6.Amazonダッシュボタンが使えるようになる

ダッシュボタン

 

Amazonダッシュボタンは家のどこかに設置して、ボタンを押すだけで注文できるシステムです。

ダッシュボタン自体は500円しますが、初回注文時に500円引きされるので実質無料で利用できます。

ダッシュボタンは種類が限られているので、一部の商品にしか利用できません。

 

Happy Belly

 

とはいえ、私はAmazonのハッピーペリーの天然水をダッシュボタンで購入しています。

毎月定期的に購入しているものがある場合は結構便利です。

 

トニー
ニコ
ボタンの押しすぎが不安かもしれないが、重複注文は初めからオフになっている!この設定は注文から配達されるまでの期間は注文できない仕組みなんだ!
イヴ
なるほど~!これなら間違って、連打しても安心だね!

 

Amazonダッシュボタン
Amazonダッシュボタンの10の疑問!種類や使い方もまとめてみた

続きを見る

 

7.プライムワードローブで服を試着してから購入できる

Amazonワードローブ

プライムワードローブとは、洋服を無料で試着して購入できるサービスです。

このサービスでは欲しい商品をまとめて配送してもらって、試着した後気に入った商品だけを購入できます。

 

プライム会員なら追加料金なしで利用できますし、ダンボールもそのまま使えるので包装も簡単です。

まだ一部の商品とはいえ、メンズだけでも50,000点以上のアイテムに対応しています。

 

8.プライムデーが利用できる

プライムデー

プライムデーとは、毎年7月に行われているプライム会員限定の特大セールです。

ゲームや日用品、ソフトウェアまで色々なものが大幅割引されます。

 

プライムデーは3日間だけ行われていて、無料体験期間でも参加可能です。

このセールではAmazonデバイスも半端ないほど安くなるので、手に入れていない方はぜひ利用しましょう。

 

9.Amazon Photosで無制限のフォトストレージが使える

AmazonPhoto

Amazon Photosはプライム会員向けの無制限フォトストレージです。

要するに、画像をオンライン上で保存できるサービスのことです。

 

写真を大量に撮影している人はスマホの容量を軽くするときに利用できます。

また友達や家族を5人まで招待できるので、写真を共有するときに便利です。

会員特典とはいえ、無制限に写真を保存できるのは嬉しいですね。

 

10.Prime Petsが使える

Prime Pets

 

プライムペットとは、ペット用品がお得に購入できるプライム会員専用のサービスです。

プライムペット会員になると、対象商品が10%OFFになったり、定期便が初回50%OFFになったりします。

とはいえ、対象商品は少なめでAmazonもそこまで力を入れていない印象です。

ペット用品をAmazonでよく購入している人は登録しておいて損はないでしょう。

 

11.プライムナウが使える

プライムナウ

 

プライムナウとは、最短1時間で商品が配達されるサービスです。

対応エリアは限定的ですが、子供が病気をしたときやパーティのときに買い忘れがあるときなどはとても便利です。

 

東京都23区12市
神奈川県川崎市の6区、横浜市の11区
千葉県浦安市全域、市川市の一部
大阪府大阪市17区、豊中市および吹田市全域、摂津市・守口市の一部
兵庫県尼崎市・伊丹市の一部

 

ただ1時間便だと890円の送料が発生します。(2時間便は無料)

対応エリアは徐々に拡大しているので、定期的に確認してみてください。

 

12.プライム会員限定の先行タイムセール

Prime Early Accessと記載されたタイムセールでは、プライム会員はタイムセールの30分前に参加できます。

Amazonのタイムセールは数量限定なので、かなり有利です。

とはいえ、プライム会員同士での争いになるので、必ず購入できるわけでもありません。

 

13.生鮮食品が買えるAmazonフレッシュが利用できる

Amazonフレッシュ

 

Amazonフレッシュは通常では買えない生鮮食品の購入ができるサービスです。

プライムナウと同様に対象エリアは地域限定となっています。

 

東京都18区2市
神奈川県川崎市の6区、横浜市の11区
千葉県浦安市全域、市川市の一部

 

このサービスは全国のグルメを取り寄せることが可能です。

ただ利用料金は月額500円で、1回6000円未満だと送料500円が発生します。

生鮮食品の取扱なので、Amazonでもやや料金がかかりますね。

 

14.Amazonファミリーでベビー用品がお得に

Amazonファミリー

 

Amazonファミリーとは、子育て世代向けのサービスです。

妊娠中か赤ちゃんの情報を登録すると、子育て用品がお得に購入できます。

おむつやおしりふきが常に15%OFFになったり、2000円クーポンがプレゼントされたり、粉ミルクのお試し30%OFFなどです。

小さいお子さんがいる方は利用しない手はありません。

 

15.家族会員として2人まで一緒に使える

プライム家族会員

 

プライム会員には、プライム家族会員というサービスがあります。

このサービスは、プライム会員の一部特典を家族で利用できるサービスです。

 

家族会員が利用できる特典

  • お急ぎ便が無料
  • お届け日時指定便が無料
  • 特別取扱商品の取扱手数料が無料
  • プライム会員限定先行タイムセール
  • Amazonパントリー
  • Amazonフレッシュ(登録すると自動で利用できるようになる)

 

プライム会員以外の家族2名まで登録できるので、ぜひ利用しましょう。

 

プライム会員の無料体験ページを見てみる

 

プライム会員の3つの注意点

1.KindleやFire TVのプライム会員割引は終了

プライム会員はKindleやFire TVが割引されるクーポンがありましたが、現在は終了しています。

割引が終了した代わりに、通常料金が安くなりました。

とはいえ、プライムデーにはAmazon製品が大幅値下げするので、そのタイミングで会員登録するのはありです。

 

2.Prime Studentの無料体験期間はプライムビデオが見られない

PrimeStudentの登録で注意したいのが無料体験期間ではプライムビデオが見られない点です。

プライム会員の中でもメイン級のコンテンツなので、個人的には早めに有料会員に移行するのがオススメです。

私もPrime Studentに登録しましたが、プライムビデオが見られないことを知り有料会員になりました。

Prime Studentを検討している方はプライムビデオに注意しましょう。

 

3.プライム会員は値上げされる可能性が高い

米Amazonのプライム会員は119ドル(約12,000円)という価格です。

日本と比較すると、かなり高額ですよね。

 

この価格になるまでに、何度か値上げを繰り返しています。

米Amazonのすごいところはプライム会員の値上げを行っても、会員数が減少しなかった点です。

 

日経新聞(1)によると、日本で値上げ計画は無いようですが、今後プライム会員が普及していけば値上げは必至でしょう。

ここまで価格が安い状態で、このサービスが利用できるのは今だけかもしれません。

 

Amazonプライム会員の退会方法

プライム会員の退会はとても簡単です。

 

プライム会員の退会方法

  1. プライム会員の退会ページ
  2. Amazonプライム会員登録のキャンセル
  3. 特典と会員資格を終了
  4. 会員資格を終了
  5. 20〇〇/〇〇/〇〇特典と会員資格を終了

 

退会ページから「会員資格を終了」をクリックしていくだけです。

退会したとしても、期間内は特典が継続されます。

 

プライム会員の無料体験ページを見てみる

 

 

Copyright© ネクストサピエンス〜科学で生活をより良くするサイト〜 , 2018 All Rights Reserved.