アマゾンの8つの支払い方法を徹底比較!オススメの支払い方法は?

投稿日:

Amazonの支払い方法

 

Amazonには、多くの支払い方法があります。

このページではそんな支払い方法を比較して、どの支払い方法が一番良いのかを考えていきます。

 

Amazonの支払い方法8つを徹底比較

Amazonの支払い方法は主に8つあります。

比較したい要素はいくつかあったのですが、今回は4つにしました。

 

手数料年齢制限支払い手間
クレジットカード無料18歳未満先払い(実際は後払い)初期登録のみ
電子マネー無料なし先払いカードリーダーが必要
コンビニ無料なし先払いコンビニへ行く
Amazonギフト券無料なし先払いギフト番号の登録
代金引換324円なし受け取り時その場で支払い
ATMATMの利用手数料なし先払いATMへ行く
ネットバンキング銀行の手数料なし先払いネットで支払い手続き
携帯決済無料なし(利用限度額あり)先払い(実際は後払い)初期登録のみ

 

この比較表を見ると、オススメできるのは「クレジットカード」「Amazonギフト券」「コンビニ支払い」の3つでした。

 

オススメの支払い方法は3つ

1.クレジットカード

クレジットカード

手数料無料
年齢制限18歳未満
支払い先払い(実際は後払い)
手間初期登録のみ
ポイントクレジットカードによるポイントが付与

 

最もオススメするのは、クレジットカードです。

「ほぼ手間なし・手数料無料・実際は後払い・クレジットカードのポイント付与」と一番お得で、手間がかかりません。

 

デメリットとしては、年齢制限がある点です。

学生でクレジットカードが作れないという人は下の2つの方法をオススメします。

 

2.Amazonギフト券チャージタイプ

Amazonギフト券

手数料無料
年齢制限なし
支払い先払い
手間ギフト券番号の登録(チャージタイプはなし)
ポイントチャージ額に応じてAmazonポイントが付与

 

Amazonでよく買い物する人はチャージタイプのギフト券もオススメです。

「手間ほぼなし・手数料無料・年齢制限無し・Amazonポイントが付与」とこちらも中々。

Amazonギフト券のポイントとは、ギフト券の金額に応じて付くポイントのことです。

 

注文金額通常会員プライム会員
5,000円~19,999円0.5%1.0%
20,000円~39,999円1.0%1.5%
40,000円~89,999円1.5%2.0%
90,000円~2.0%2.5%

 

セール中はポイント率も高くなるので、チャージの狙い目です。

デメリットとしては、あらかじめチャージしなければならない点とポイントの付与はコンビニ・ATM・ネットバンキング払いが条件という点です。

 

3.コンビニ払い

コンビニ払い

手数料無料
年齢制限なし
支払い前払い
手間コンビニへ行く
ポイントなし

 

無難にオススメなのはコンビニ払いです。

「手数料無料・年齢制限無し・手間も比較的少なめ・支払いがわかりやすい」と学生にオススメな支払い方法です。

 

コンビニへ行く手間はかかりますが、コンビニのマルチメディア端末で支払い票をプリントしてレジへ行くだけです。

手数料もかからず、支払いもわかりやすいので、オススメできます。

 

※マルチメディア端末とは、LoppiやFamiポートのこと

 

他の支払い方法のオススメできない理由まとめ

他の5つの支払い方法がオススメできなかった理由を簡単にまとめておきます。

 

オススメできない理由

  • 電子マネー:カードリーダーが必要
  • 代金引換:手数料(324円)と手間がかかる
  • ATM:利用手数料と手間がかかる
  • ネットバンキング:手数料と支払い手続きの手間がかかる
  • 携帯決済:利用限度額がある

 

個人的にオススメできない理由をまとめましたが、これらが絶対にダメということはありません。

あくまで参考程度で、自分にあった支払い方法を試してみてください。

 

支払い方法の追加と変更、削除をまとめて紹介

支払いをスムーズに行うなら、あらかじめ支払い方法を登録しておくのがオススメです。

そこで前もって登録しておける「クレジットカード」と「携帯決済」の追加や変更、削除の方法をまとめておきます。

 

クレジットカードの追加から削除まで

1.お支払い管理のオプションへアクセスする

お支払い管理のオプション 」へアクセスします。

アクセスすると、ログインが必要になります。

 

2.新しい支払い方法を追加する

Amazon支払い方法の追加
「新しい支払い方法を追加」の欄にある「カードを追加」をクリックします。

 

3.カード情報を入力する

クレジットカード情報を入力
「カード名義人」「カード番号」「有効期限」を入力します。

4.クレジットカードを追加

Amazon支払い方法
すべて入力し終えたら「クレジットカードを追加」をクリックして完了です。

 

携帯決済の追加から削除まで

1.お支払い管理のオプションへアクセスする

お支払い管理のオプション 」へアクセスします。

アクセスすると、ログインが必要になります。

 

2.新しい支払い方法を追加する

Amazon支払い方法の追加
「新しい支払い方法を追加」の欄にある「新しいアカウントを追加」をクリックします。

 

3.携帯会社とアカウントタイプを選択する

携帯電話会社の情報を入力
携帯電話会社とアカウントタイプを選択します。ちなみに今はdocomoとauのみの対応です。

 

4.携帯会社のサイトの指示に従って認証する

docomoユーザーの場合
docomoの場合はdアカウントIDを入力します。

 

auユーザーの場合
auの場合は「auID」と「Wow ID」「UQ mobile」のどれかから選びます。

 

携帯決済の場合は携帯電話会社のサイトに従って、認証を終了して完了です。

 

それではAmazonの支払い方法が気になっていた方は参考にしてみてください!

 

Copyright© ネクストサピエンス〜科学で生活をより良くするサイト〜 , 2019 All Rights Reserved.