自然で最も効率よくストレス軽減するなら、最低「〇〇分」は必要だ

自然

 

自然がストレスに効果的というのは有名な話です。しかし、今回紹介する研究では時間によって唾液コルチゾールの減少率が変わると発表されました。

 

20分の自然体験がストレスを大幅に軽減する

自然がストレスを軽減するという研究は今まで多くありました。しかし、今回紹介する研究(1)は唾液のバイオメーカーで、生理学的に測定した研究です。測定したのは以下の2つです。

 

測定

  1. 唾液コルチゾール
  2. 唾液アルファアミラーゼ

 

参加者は36人で、最低週に3回自然体験をさせました。実験期間は8週間で、歩くか座るかどちらでも自由にできました。ただし、運動やネット、電話、会話、読書は禁止です。

そして、2週間に一度唾液サンプルをとって、実験は終了しました。結果は以下のような感じ。

 

コルチゾール減少率
7-14分8.3%
15-20分3.7%
21-30分18.5%
30分以上11.4%

 

結果

  • 自然はコルチゾールを21.3%/時間の低下をもたらした
  • これは平均のほぼ2倍大きいコルチゾール低下にあたる
  • 自然はアルフアアミラーゼの28.1%/時間の低下をもたらした
  • ウォーキングだとアミラーゼの減少が小さく(4%)、座りだと28%の低下だった
  • 20分以上の自然体験でストレスホルモンの有意な減少を示す

 

これらの結果から、自然と過ごす時間はコルチゾールの著しい低下をもたらします。特に自然でストレスを減少させるなら、20分が最も効率が良いとわかりました。今回の研究は他の自然研究とは違い、自然体験の時間による影響も出しているのが素晴らしい。

ただ気になるのは、ウォーキングだとアミラーゼの減少が小さくなっている点です。ウォーキングと言っても、かなり軽いです。過去の研究でもアミラーゼの上昇は示されていません。なので、著者の方も驚いていました。とはいえ、あくまで生理学的な反応が示されなかっただけで、過去の研究(2)ではグリーンエクササイズで持続的な改善が見られています。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Copyright© ネクストサピエンス│起業家の科学メディア , 2019 All Rights Reserved.