【イラスト付き】光コラボレーションとは?メリット・デメリットまでわかりやすく解説

投稿日:

光コラボレーション

 

光コラボレーションがよくわからないと悩んでいませんか?

光回線と光コラボは同じ回線ですが、料金やサービスに違いがあります。

そんな光コラボレーションのメリット・デメリットをまとめていくので、気になっている方は参考にしてみてください。

 

光コラボレーションとは?

光コラボレーション

 

光コラボレーションとは、NTTが提供するフレッツ光の回線に、独自の価値を付けて自社のサービスとして提供するモデルのことです。

名前はフレッツ光ではなくなりますが、回線はNTTの光回線が利用されます。

 

回線の速度や安定性はフレッツ光と同じですが、販売代理店によって料金やサービスが変わってくるというわけです。

この販売代理店の中には、ソフトバンク光やU-NEXT光、So-net光などが挙げられます。

 

光コラボレーションと転用について

転用

 

この光コラボレーションは、NTT東西が光回線の卸売として始めました。

そんな中で、NTTが提供しているフレッツ光から簡単な手続きで乗り換えられることを「転用」と言います。

 

転用は販売代理店の悪質な勧誘によって、大きな問題になりました。

総務省も警告しているほどなので、きちんと注意点を見てみましょう。

 

光コラボのデメリット!評判が悪いけど、どんな問題があるの?

光コラボレーションは以下のようなデメリットがあります。

 

光コラボのデメリット

  • 不適切な電話勧誘
  • 契約先の事業者が変わる
  • プロバイダに契約解除の申込が必要な場合がある
  • 乗り換え完了後に解約すると、契約解除料が発生する
  • 転用承諾番号の取得をお願いする電話
  • 高額な契約解除料の請求

 

それぞれ解説していきます。

 

不適切な電話勧誘を総務省が警告

光コラボレーションと総務省

 

光コラボレーションについては、総務省が注意喚起をしています。

特に注意したいのは、転用承諾番号の取得をお願いする勧誘電話です。

光コラボレーションの悪質なセールスでは、よく以下のような電話がかかってきます。

 

悪質なセールスマン
悪質なセールスマン
NTTの方の者です。この度フレッツ光とプロバイダの料金が1本化されて、料金値下げが可能になりました。電話番号の変更や工事の必要はないのですが、いかがですか?
イヴ
え!?乗り換えるだけで、料金が安くなるの?いいねー!
ニコ
いや、待て待て!!

 

このように、悪質なセールスマンはNTT風を装って勧誘してきます。

場合によっては、「通信速度も上がる」といった完全な嘘をつく会社もあるようです。

 

このときに注意したいのが「転用承諾番号」です。

転用するときは、必ず転用承諾番号が必要になります。

NTTも断言していますが、NTT東日本/西日本が転用や転用承諾番号の取得をお願いすることはありません。

あちらもNTTと名乗ってくるだけあって、注意しなければならないのです。

 

参考:総務省からのお知らせ 光コラボレーションモデル不適切な電話勧誘にご注意ください!

 

光コラボレーションモデルは必ず料金が安くなるわけではない

一般的に、光コラボレーションの方が料金は安くなると思われがちです。

しかし、料金は変わらなかったり、むしろ高くなったりすることもあります。

 

セールスマンが「安くなる」と言ったからではなく、今の料金と正確に比較しなければなりません。

悪質な場合は不必要なサービスを付けられて、かなり高額な契約になることもあります。

 

ちなみに契約した場合でも転用が終わっていなければ、無料で解約できるケースもあります。

その場合はその販売代理店やNTT、消費者センターなどに相談してみましょう。

 

高額な契約解除料の請求

高額な契約解除料を請求される人

 

転用が完了した後に解約をすると、高額な違約金がかかるケースが多いです。

転用が完了すると、NTT東日本/西日本との契約は解除となり、その事業者との契約に移ります。

 

だいたい2年や3年の契約となるので、更新の時に解約しなければ違約金が発生します。

悪質なのは契約するときに高額な分割払いを無料として契約させて、解約したときに残りの料金を一括で請求するやり方です。

悪質なセールスマンは口頭で契約したがるので、きちんと書面で契約内容を確認しましょう。

 

緊急時のサポートが悪くなる可能性がある

フレッツ光から乗り換えると、お問い合わせもNTTでは無くなります。

大手の光コラボレーション事業者ならともかく、悪質な事業者はコールセンターが充実していない場合も多いです。

 

何かあった時に電話が繋がらなかったり、営業時間が短かったりなどです。

光コラボレーションの場合は料金が安くなるからという理由で決めずに、信用できるかどうかで判断しましょう。

 

光コラボの5つのメリット

ここまで注意点を見てきましたが、光コラボレーションがすべて悪いわけではありません。

以下のような良い面もあります。

 

光コラボのメリット

  • 独自のサービスや特典がもらえる
  • 月額料金やフレッツ光よりも安くできることも
  • 工事なしで乗り換えられる
  • フレッツ光の解約金はなし
  • 料金支払いは統一される

 

それぞれ説明していきます。

 

独自のサービスや特典がもらえる

光コラボレーションのメリットは、独自のサービスや特典がもらえる点です。

ソフトバンクやドコモでは、スマホとのセット割が行われています。

 

ドコモやソフトバンクを使っている人は一緒に回線も契約すると、より安く使えるというわけです。

またU-NEXT光なんかは、動画配信サービスのU-NEXTで使えるポイントがもらえます。

これらのように回線と本業でやっている事業を合わせて、オトクになるやり方が一般的です。

 

月額料金はフレッツ光よりも安くできる

光コラボレーションと契約

 

料金に関しては、「必ず」安くなるわけではありません。

光コラボレーションの事業者によっては、安くなるように見せかけています。

 

しかし光コラボ事業者同士で競争しているので、フレッツ光よりも安くなるケースも多いです。

以下はNTTとドコモ光・ソフトバンク光を比較した表です。

 

戸建て 集合住宅
NTT東日本 5,700円 4,350円
NTT西日本 5,900円 4,200円
ドコモ光 5,200円 4,000円
ソフトバンク光 5,200円 3,800円

 

戸建てでも集合住宅でも、光コラボ事業者の方が安くなっています。

安くなる理由としては、メインの事業とセットで契約してもらえるからです。

 

ドコモとソフトバンクの場合は、スマホと一緒に契約してもらえます。

そうなると、結果として充分な利益が出るのです。

 

フレッツ光の解約金は基本的になし

フレッツ光から光コラボレーションに移行しても、いわゆる解約金は発生しません。

光コラボの事業者の中には、分割払いの残額も一括で請求してくるケースがあります。

しかし、NTTはそういった残債額を請求しないと明記しています。

 

 「コラボ光」への「転用」が行われた場合において、 「フレッツ光」は解約されるため、フレッツ光に係る各種割引サービス等は解約されることになり
ますが、「フレッツ光」に係る「光はじめ割」、「光もっと2割」、「Web光もっと2割」、「どーんと割」、「初期工事費割引」等の料金割引に係る
解約金は、NTT西日本からお客さまに請求いたしません。

(中略)

お客さまが「フレッツ光」の「初期工事費」を分割払いされている場合において、 「コラボ光」への「転用」が行われたときは、NTT西日本からお客
さまに対して分割払いの残債額を請求いたしません。

引用元:フレッツ光ご契約者さまに確認または同意いただく必要がある事項

 

ただしデメリットでもいったように、転用した後は光コラボの事業者との契約になります。

新しい会社だと、契約解除料が発生するケースもあります。

 

料金支払いが統一される

光コラボの請求

 

今まではフレッツ光とプロバイダ(ネット接続の会社)に別々で料金を支払っていました。

この場合は光回線を使うために2つの会社と契約をしていたため、トラブルの時にどちらがサポートするかが明確ではありません。

しかし光コラボに乗り換えると、プロバイダだけに料金を支払えばOKです。

 

ニコ
料金とサポートが1つになるから面倒がなくていいな!

 

トラブル時もプロバイダの会社にアドバイスを求めればいいので、わかりやすくなります。

ただし、サポートの質も光コラボの事業者によりけりなので、契約するときは慎重に検討しなければなりません。

 

まとめ

光コラボレーションは総合的に料金が安くなったり、お問い合わせがわかりやすくなったりといったメリットがあります。

光コラボでも、人気がある会社は多いです。

 

しかし、中には悪質なセールスマンを利用して、ほとんど詐欺に近い手口で転用承諾番号を聞き出そうとするところもあります。

総務省が警告しているように、契約するときは注意が必要です。

光コラボレーションについて気になっていた方は参考にしてみてください!

 

Copyright© ネクストサピエンス│パフォーマンスを上げるマガジン , 2019 All Rights Reserved.